9月1日(土)原宿:「生活習慣病を予防する食と脳の使い方(実践編)」 | 篠浦塾

9月1日(土)原宿:「生活習慣病を予防する食と脳の使い方(実践編)」

生活習慣病とは生活習慣が原因で起こる疾患の総称。以前は「成人病」と呼ばれていましたが、成人であっても生活習慣の改善により予防可能で、成人でなくても発症可能性があることから、1996年に当時の厚生省が「生活習慣病」と改称することを提唱しました。

日本人の三大死因であるがん・脳血管疾患・心疾患、更に脳血管疾患や心疾患の危険因子となる動脈硬化症・糖尿病・高血圧症・脂質異常症などはいずれも生活習慣病であるとされています。
そこで、2018年9月1日原宿での篠浦塾は内科医の日野厚博士と共に、我が国で初めて一般病院(松井病院)に食養内科を創設し、40年近くにわたり2万人以上の患者の食生活指導にあたってきた児玉陽子先生を特別講師に迎え、生活習慣病を予防する食についてお話しいただきます。


児玉陽子先生プロフィール
18歳で皮膚病、23歳で結核を患い日野式を実践、食養を学び、1969年から河野臨床医学研究所付属北品川総合病院で食養指導を開始、内科医の日野厚博士と共に、我が国で初めて一般病院(松井病院)に食養内科を創設し、40年近くにわたり2万人以上の患者の食生活指導にあたる。現在はフリーランスで活躍中。家庭における食生活の大切さを説き、多忙を極めている。著書に『臨床栄養と食事改善指導』『アレルギーにならないための離乳食』共著(緑書房)などがある。


なお、参加希望者は事前に生活習慣病に関して不安や困っていることを食事に関して児玉陽子先生にご質問いただき、それに対してお答えいただく形式で進めていく予定です。

【セミナー情報】
日時:2018年9月1日(土)15時から17時
講師:篠浦先生 特別講師:児玉陽子先生
テーマ:生活習慣病を予防する食と脳の使い方(実践編)
17時30分から19時30分:会場にて懇親会
参加費:本会場・講義のみ3,000円:講義及び懇親会6,000円
(懇親会は飲み放題、こだわりの手作りケータリング料理 http://en-health.com/sozaiya/)
会 場:最寄り駅 原宿駅(詳細は参加申込をされた方に直接お知らせします)

なお、篠浦塾で篠浦先生が話されている内容については、昨年末に発売された新刊『現場から始まる医療革命 統合医療の真実』をお読みください。
この本は篠浦塾の教科書としても使って行きます。
https://amzn.to/2AqAEqv



懇親会に参加する懇親会に参加しない



S-BRAINを希望するS-BRAINを希望しない



篠浦塾を多くの方に知っていただくため、セミナー中に写真や動画などを撮り、それらを篠浦塾HP、YouTubeやSNSなどに使用させていただくことがあります。
ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。
なお、HPなどに公開する時は匿名で紹介いたします。
もし、画像等の公開を望まれない場合は「お断りします」を選択してください。
同意しますお断りします

多くの方のご参加をお待ちしております。